今も昔も海外旅行が大好き。
今までに中国、ハワイ、ベトナム、台湾、マレーシア、グアム、サイパンなど
東南アジアやオセアニアを中心に年に2回は海外へ行っています。

そのたびに使ってるのが海外wifiです。
これをもってると、なんと海外でのネット環境がバッチリ整っちゃいます。
現地でネット使うシーンってかなり多いです。

日本との電話だってネット使ってやるようにしていますし、
普通にメール、ライン、その他調べモノでグーグル検索することも多々あります。

さすがに海外ではSNSチェックはあんまりしませんが、
それでも仕事に関係する人のフェイスブックなどはある程度チェックしておかないと
その後の仕事にも多少なりとも影響がでちゃうため、海外でのんびり過ごすにしても
それなりの頻度でネット使うことがあります。

海外wifiがあればほぼノーストレス


さすがに自宅やオフィスでの高速通信と比べちゃうと速度は遅いですが
海外wifiをレンタルするときは、いっつも4G回線が使える機器をレンタルします。
そうすれば通常使用のネットは問題ナシです。

よほど重い動画などを見ない限り支障ナシです。

じゃあ、海外wifiってどこが良いの!?


ちなみに海外wifiってポケットwifi機器をレンタルすることです。
日本ではいくつかの会社がサービスを提供しており、
海外旅行先でのネット環境を提供してくれています。

個人的にいっつも使ってるのはグローバルwifiです。
この会社の良いところは成田でレンタルすることもできるし
ハワイなど日本人がよく行く渡航先にもレンタルのカウンターがあることです。

日本で受け取ることなく、海外で海外wifiを受け取るメリットというのは
レンタルの日数を最小限に抑えることができることです。

たとえば、日本の成田で海外wifiを受け取っちゃうと
その日から料金が発生してきます。

お金はかかっちゃいますが、海外wifi使えるのはハワイです。
つまり、ハワイへ着くまでは使えません。

しかも、返すときも日本で返す契約にちゃうと
ハワイの空港を飛び立っちゃうとネットを使うことできません。

それなりのレンタル料金はかかってきちゃうんです。


現地で受けとって現地で返せば、本当に現地にいるときだけの
料金しか発生しないため、日本で受取して返却するときより
レンタル日数が少なくなります。

海外wifiレンタルするなら、できる限り現地で借りる!
これが鉄則なんです。覚えておきましょう!